オリーブの樹について。「障害を持っていても社会の中で自立したい」「仕事を持ち生きがいのある生活を送りたい」そんな障害者の願いを実現しようと生まれたのがオリーブハウスです。

オリーブの樹について

社会福祉法人オリーブの樹 オリーブハウス > オリーブの樹について

オリーブの樹について

ごあいさつ

事業・施設

販売商品

活動・福祉ショップ

よくある質問

ブログ・お知らせ


オリーブの樹の理念

オリーブ「オリーブ」は、"友愛"を意味します。
私たちはすべての人を人として大切にし、思い合う気持ちを持ち、障害をもつ人々の自立と社会参加を支えるための福祉の仕事を進めます。
利用者、家族、ボランティアの皆さんと共に考え、行動することを大切にします。
地域社会に役に立つよう力をつくすと共に、地域の方々の理解と協力を得て、施設がさらに発展し、また、障害をもつ人々への福祉のサービスがより良いものとなることを目指します。
常にどのような福祉サービスが必要とされているかを考え、新しい福祉の仕事の開拓に努めます。

オリーブハウスのあゆみ

昭和59年

千葉市の轟町で現施設長である加藤裕二夫妻と数名のボランティアにより、福祉作業所オリーブハウスを開所。


昭和61年

ボランティアの協力のもと「クッキー・パウンドケーキ」の製造・販売を開始。


平成 8年

ワークホーム3ヵ所、利用者・職員24名に増える。
社会福祉法人設立及び、授産施設建設準備開始。これに伴い、募金活動、土地購入法人認可手続き着手。


平成13年 4月

社会福祉法人オリーブの樹を設立。
知的障害者授産施設「オリーブハウス」を開所。


平成14年 11月

小規模通所授産施設「ファーストオリーブ」誕生。


平成16年 1月

グループホーム、「鉄腕アットホーム」オープン。


平成16年 4月

グループホーム「ミニーナ」オープン。


平成16年 5月

ヘルパーステーション「おきらく」オープン。


平成17年 3月

グループホーム「フラップ」オープン。


平成17年 7月

オリーブハウス長沼分場「はつらつ道場」を開所。


平成19年 4月

障害者自立支援法に基づく新体系に移行(就労移行支援事業、就労継続支援事業A型開始)。


平成21年 4月

就労継続支援事業B型「花まんま」オープン。


平成24年 9月

グループホーム「ライジングサン」オープン。


平成26年 2月

グループホーム「フラップ」移転拡張。


平成26年 7月

オリーブハウス設立30周年祝賀会実施。


今後も施設の充実及び、利用者の給与アップ、施設サービスの向上に向けて全員で、力をあわせて活動して行きます!

オリーブハウスの目的

授産施設オリーブハウスは、「知的障害者福祉法」に基づき、雇用されることが困難な知的障害者の方々を通所させ、自活に必要な訓練及び、職業の提供を行い障害者の方々の自立と社会経済活動への参加を促進することを目的としています。

「障害を持っていても社会の中で自立したい」「仕事を持ち生きがいのある生活を送りたい」、そんな障害者の願いを実現しようと生まれたのがオリーブハウスです。

オリーブハウスの活動の原動力は、地域のボランティアの貢献的な援助と自らの働く場を守っていこうとする障害者一人一人の頑張りです。
そして、「社会に甘えるのではなく、自分自身の力で、自立の道を切り開 いていく」ことこそが、オリーブハウスに培われたスピリットです。

モニュメント「友愛」

友愛20周年の記念として、モニュメント『友愛』が作者の折谷直信氏より(東京在住)より、寄付されました。
平成16年1月10日に除幕式を行いました。

オリーブの樹について

オリーブの樹の理念

オリーブハウスのあゆみ

オリーブハウスの目的

モニュメント「友愛」

理事長ごあいさつ

事業案内

施設紹介

活動・福祉ショップ紹介

販売商品紹介

よくある質問

ブログ「理事長のお部屋」

お問い合わせ


▲ PAGE TOP